ヘアメイクさんに興味のある方ヘ へアメイクアップアーティスト・ブライダルヘアメイクアーティスト・ビューティアドバイザーになるためのナビゲーションサイト。ヘアメイクスクール・ヘアメイク専門学校のご案内。

ヘアメイクアップアーチストNavi
HOME ヘアメイクさん
について
ヘアメイクさん
になるには
ヘアメイクさん
の魅力
ヘアメイクさん
Q&A
会社概要 お問合せ サイトマップ
トップ ヘアメイクアップアーティストNAVI
ヘアメイクさんについて ヘアメイクアップアーティストNAVI 
ヘアメイクさんになるには ヘアメイクアップアーティストNAVI 
ヘアメイクさんの魅力 ヘアメイクアップアーティストNAVI 

ヘアメイクさんQ&A ヘアメイクアップアーティストNAVI 
会社概要 ヘアメイクアップアーティストNAVI 
お問合せ ヘアメイクアップアーティストNAVI 
サイトマップ ヘアメイクアップアーティストNAVI 

LINK ヘアメイクアップアーティストNAVI 
LINK スクール情報 ヘアメイクアップアーティストNAVI 
LINK メイク情報 ヘアメイクアップアーティストNAVI 
HOME 

ヘアメイクアップアーティストNavi

  • ヘアメイクさんについて
ヘアメイクアーティストヘアメイクアップアーティストはメイクを施すお仕事です。結婚式や成人式、七五三などで一般の人に向けたメイクをする場合と、テレビ業界や雑誌、ファッションショーなどでタレントやモデルのメイクを手がける場合があります。メイクといっても普通のメイクだけでなく、映画の特殊メイク、ブライダルメイク、などのシチュエーションに合ったメイクを考えださなければなりません。
メイクによって人の印象はかなり変わります。特に第一印象はヘアスタイルが80%を締めさらにメイクがその次を締めています。タレントの人気を左右したり、人生の晴れ舞台を演出したりできるやりがいのあるお仕事です。自分のセンスと技術でお客様を美しく変身させ、自分まで明るい気持ちになれるお仕事です。
ファッションショーや結婚式など活躍の場は、失敗の許されない緊張感がある一発勝負の世界。短い時間内に手早く最高の仕上がりにしなければならないため、精神的なタフさが必要となります。また、お客さまをリラックスさせることがメイクの仕上がりを左右させるので、どんな状況においても気配りを忘れないことが大切になります。
欧米では、ヘアアレンジとメイクの担当者がはっきりと分かれていますが、日本ではメイクのみの化粧品販売員さんの需要とメイクと一緒にヘアアレンジ(セットやブロー)を担当することが多く。カットが必要なことはほとんどないので美容師の資格は必要ないのが現状です。


  • ヘアメイクさんになるには
メイク道具 イラストヘアメイクアップアーティストになるには、依頼者の注文以上のイメージに仕上げられる技術と創造性が求められますので、幅広いメイクの知識と技術をトータルで身に付ける必要があります。

へアメイクスクールで、基本的な知識と技術を身につけるのが一番の近道です。就職または独立してヘアメイクの仕事に就くことになる。また、フリーのアーティストのアシスタントとして数年間修業し、独立するという道もある。さまざまな現場で経験を積み重ね、常に技術を磨き続けることが重要になります。
仕事の形態はさまざまです。ヘアメイクアップアーティストというと、フリーランスで活動している人を想像しがちですが、必ずしもそうとは限りません。ヘアメイクアップアーティスト専門のプロダクションに所属して仕事を受けたり、化粧品会社に就職して、デパートなどの化粧品売り場でお客さまにメイクしたりと仕事の仕方はさまざまです。
高齢者施設や病院などを訪問し、ボランティアでメイクすることもヘアメイクアップアーティストのお仕事です。
現在のヘアメイクアップアーティストには”ヘアアレンジ”と”メイク”の両方の技術が必要とされることが多く。心と身体そしてファッションをトータルにプロデュースしていくことがヘアメイクアップアーティストのお仕事の幅を広げこるとに結びつきます。

ヘアメイクアップアーティスト髪型のアレンジとメイクアップでその人の魅力をひき出す、美のクリエイター。テレビや映画、雑誌、CM、ファッヨンショーなどで、出演者やモデルのヘアとメイクを担当。各場面やテーマに応じて、求められるヘアメイクを行う。ヘアとメイクに加え、ネイルを担当することも。結婚式でのニーズも高い。コスメショップなどで化粧品の使い方やヘアメイクのアドバイスをする仕事もある。



  • ヘアメイクさんの魅力
ヘアメイクアップアーティストは、人をきれいにするお仕事でとても人気のある職業です。日ごろからファッションセンスが欠かせず、メイクは服と合って初めて生きるものなのです。モデルさんの雰囲気と服装からイメージした色味を表現し、その人を輝かせる為の技術です。毎日、自分自身もおしゃれをすることが大切になり、頭からつま先までトータルにプロデュースしていくことも大切です。自分自身もキレイになれるのがメークアップアーティストの特権です。

メークアップアーティストの活躍するフィールドは実に多彩です。その一部をご紹介致します。

ブライダルヘアメイクアーティストは、とても出演者とご家族に感謝され、毎回感動の現場になります。お式後に、新郎・新婦よりおハガキや写真を頂くといつも涙がこぼれます。一生に一度の幸せいっぱいの場に携われるこのお仕事は、とてもやりがいのあるお仕事です。まれに、新婦や新郎のご姉妹やご親戚より依頼が飛び込んでくることも!人と人のふれあいによって、人の繋がりの輪が広がりますね。

ビューティアドバイザーは、人とお話をしながら、お客様をキレイにするお仕事です。
お客様をリラックスさせる話術も必要になり、いつも笑顔を忘れずに店頭を清潔にたもち何事においても細かい気配りができることが、第一条件となります。
お客様は、ご自分のコンプレックスやお肌のトラブルなどの悩みを抱えて、店頭にお越しになることもあります。どのようにケアすることができるかをご説明し、的確な商品をシーズン等も考慮しながらご提案していきます。
後日効果がでるとまた店頭に立ち寄ってくれるお客様の笑顔が忘れられない職業で
す。


メイク イラスト
  • ヘアメイクさんQ&A
Q.ヘアメイクアップアーティストの人気はありますか?

A.年々増加しています。以前はドラマなどの影響を受けていましたが、現在は、ヘアメイクアップの仕事は、年齢に関係なく息の長い職業に定着し、非常に魅力的でやりがいのある業種だと評価されているお仕事の一つです。
やる気と熱意があれば、ヘアメイクアップアーティストとして活躍のチャンスに恵まれる可能性はいくらでもあるのです。

Q.女性と男性どちらが多いのですか?

A.女性のアーティストも多いですが、TVでの露出度も高く、第一線で活躍されている男性アーティストもたくさんいらっしゃいます。
ヘアメークアップの仕事をしたいということは、男女の差はありません。むしろ男性は日ごろの、固定概念のイメージがないので自由な発想ができるとも言われています。

Q.ほとんど化粧をしたことがないんですけど、今からでも大丈夫でしょうか? センスや技術って必要ですか?

A.メイクは好きな方こそたっぷり時間をかけているようですが、一般の働く女性はメイクのテクニックに自身がある方は、0.7%ととても低く、あまり自身がない、まったくメイクをしないが圧倒的に多いのが現状です。基本のテクニックをマスターすれば、ひびのビューティメイクには時間はほとんどかかりません。出勤前のメイクの時間も平均で10分〜15分以内です。いままでお化粧経験のない方も、日ごろからメイクしている方も、ご自分のお顔以外の方にメイクするといことになるので、スタートラインは一緒です。
センスはヘアメイクアップアーティストの仕事をする上で重要な要素ですが、それだけでは仕事をこなしていくことはできません。
もちろん生まれつきのセンスがあることは素晴らしいことですが、そんなアーティストはまれにしか存在しません。センスや技術は練習と現場での経験を重ねていくうちに、知らず知らずに自分の中に蓄積されていくものです。

Q.どこのパーツからメイクするとよいのですか?

A.スキンケアからベースを終えた後は、どこからでも決まりは特にありません。
比較的にバランスのとりやすいのは、お顔の上位から下位にすすめるのもスムーズにいく方法の一つです。特にパウダー系のものはお粉がおちるので上位からの方が後からの余分な修正がいりません。ちょっとした工夫があるだけで、お好きな部分よりメイクしてください。

Q.どんな人でもヘアメイクさんになれますか?どんな人がヘアメイクさんに向いていますか?

A.メイクが好きな方♪さらに人と接することが好きで人に喜ばれる仕事がしたい方、人の喜びを自分の喜びに感じることができる方には天職の職業ではないでしょうか。
アシスタントの下積みからコツコツと成長していく仕事です。労働時間もOLさんとは違い不規則で、体力と精神力が必要となります。
資格がないので、現役のアーティストのアシスタントを経て技術を得ることもできます。

Q.年齢制限はありますか?学歴は?美容師免許は?

A.義務教育を修了していれば、年齢も学歴も特別な制限はありません。大切なのはご本人のやる気です。また、美容師免許も必要ありません。ヘアメイクの現場で必要なのは技術です。

Q.ヘアメイクスクールに通うメリットはありますか?独学ではヘアメイクさんにはなれないんでしょうか?

A..今は雑誌の特集やインターネットなどで、ヘアメイクの情報を調べることができます。(情報で、ビューティメイクを学ぶことは可能です。)しかしヘアメイクさんは、自分ではなく他の方へメイキャップすることが目的なので、実際にどれだけの顔に触れられるか、経験をもてるかが大きな鍵となってきます。テクニックの細かい部分を感じ取ることは中々難しい部分もあるのが実情です。
ヘアメイクスクールでは、目指す業種にあわせた基本から応用を細かく勉強できます。
モデルさんまたはスクール生でお互いのお顔に練習できるという(自分のお顔以外の人の顔に触れられる)ことは最大のメリットです。
スクールでの習得時間は、短期のものから1年以上の期間があり、OLさんからの転職希望の方には、土曜日や夜間に学べるスクールがあるので、ご自分にあった時間を使いながら知識を得るのも効率的な学び方です。

就職活動のサポート体制が充実しているスクールもあります。スクールには絶えずメイク関連業界や企業から多くの求人が寄せられるため、自分でコツコツ探すよりも信頼のおける求人先や、タイムリーな情報を得ることが可能です。業種も知識・技術にあった活躍の場はさまざまで、映画や舞台、ファッションショー、美容室、エステティックサロン、化粧品会社、商品開発マーケティングに関わる仕事があります。
また、スクールによっては、履歴書等書類の書き方や面接のアドバイスまで、丁寧に学生の就職活動をバックアップしている所もあります。


page up ▲
produce by メークアップアーチスト学院

 トップページ | ヘアメイクさんについて | ヘアメイクさんになるには |ヘアメイクさんの魅力 | ヘアメイクさんQ&A |
 会社概要 | お問合せ | サイトマップ | ビーズアクセサリーショップ

Copyrigt(C) ヘアメイクNavi All rights reserved.